庄野歯科インプラントセンター

強み

04

国際基準の
衛生管理・感染対策

衛生管理

ホーム > 衛生管理

院内感染を防止する
3つの衛生管理の対策

歯科治療では、患者様の口の中に治療器具を直接入れて、歯や歯肉の治療を行うため、徹底した衛生管理が求められます。目に見えない細菌や微生物が引き起こす院内感染は、さまざまな経路が考えられることから、当院では、院内感染を防ぐために3つの対策を行っています。

うがい用紙コップと治療台

1.ディスポーザブル製品
の使用

当院では、治療の際に患者様が使う紙コップやエプロンのほか、医師やスタッフが使用する手袋やマスク、注射針のような使い捨てが可能な製品は、すべてディスポーザブル扱いとしています。さらに、二次感染対策として、それらを廃棄する際の衛生管理も徹底しています。

手術中の庄野理事長

2.清潔域と不潔域の
明確化

インプラント治療では外科手術を行うことから、清潔域と不潔域の区別が重要となります。清潔域とは、微生物が存在しないエリアのことで、それに対して微生物が存在するエリアを不潔域と呼びます。当院では、インプラント治療を行うために専用の手術室を完備し、常に清潔な診療着や治療器具を準備しています。

利用した治療器具

3.徹底した治療器具の滅菌

清潔な環境でインプラント治療を行うためには、治療器具の滅菌を欠かすことはできません。一度治療で使用したミラーやピンセット、探針などの基本セットのほか、ハンドピースと呼ばれる歯を削るためのタービンやバーは、必ず滅菌を行う必要があります。

滅菌とは?


対象となる物品を限りなく無菌状態にすることを滅菌といいます。殺菌には厳密な保証がないのに対して、滅菌にはISOやJISなどの規格で、「滅菌バリデーション」と呼ばれる無菌性の保証が規定されています。

当院では、滅菌を行う物品の素材に応じて、高圧蒸気滅菌器とEOG滅菌器を使い分けています。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

オートクレーブとは、内部を高温高圧の状態にすることによって、物理的に微生物を滅菌する滅菌器です。滅菌パックで包装された治療器具を効率的に滅菌することが可能で、熱に強いミラーやピンセットなどの鋼製器具や、ガーゼのようなリネン類の滅菌に使われます。 当院では、世界水準のクラスBに準拠したオートクレーブを使用しています。

EOG(エチレンオキサイドガス)
滅菌器

EOG滅菌器とは、殺菌力が高い酸化エチレン(エチレンオキサイド)という有機化合物を使って、化学的に微生物を滅菌する滅菌器です。高圧蒸気滅菌器に比べて低温での滅菌が可能なため、熱に弱いゴムやプラスチック製品のほか、医療用機器の滅菌に使われます。

庄野インプラントセンター7つの強み

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました