庄野歯科インプラントセンター

特殊なインプラント治療

自分の歯のように噛める
オールオン4とは?

オールオン4

ホーム > オールオン4

歯がない方のお悩みを
解消するオールオン4治療

これまで、歯がない患者様の歯科治療といえば、総入れ歯が一般的でした。しかし、「硬い物が噛めない」「すぐに合わなくなる」「話しにくい」など、不便を感じている患者様は多くいらっしゃいます。そのような、無歯顎の患者様のお悩みを解消する治療法の一つにオールオン4があります。

オールオン4とは?

手術中の院長

オールオン4は、片顎あたり最少4本のインプラントで人工歯を固定する治療方法です。前歯の部分に垂直に2本埋入し、残りの2本は臼歯の部分に傾斜をつけて埋入することにより、インプラントにかかる負荷が分散されるため、少ない本数で人工歯をしっかりと支えることができるのです。

オールオン4は
このような方におすすめです

  • 歯がない・残っている歯を抜かざるを得ない
  • 使っている総入れ歯が合わない
  • 食事をしっかり噛んで食べたい
  • 時間をかけずに歯を治療したい
  • 見た目を良くしたい
  • 骨移植を行わずにインプラント治療を受けたい

オールオン4の
メリットは?

その日のうちに仮歯が入る

オールオン4では、2本のインプラントを傾斜埋入することにより、高い安定性を得られるため、手術の当日に仮歯をセットし、その日のうちに噛むことが可能です。

しっかりと噛むことができる

傾斜をつけて埋入することで、垂直埋入よりも長いインプラントの埋入が可能なことから、人工歯がしっかりと固定されるため、入れ歯に比べて高い咀嚼力が得られます。

費用を低く抑えられる

オールオン4は、上下合わせて8本のインプラントの埋入が必要です。インプラントを1本ずつ埋入するよりも本数が少ないため、かかる費用も少なくなります。

骨量が少なくても
インプラント治療が受けられる

治療計画を立てる際に、3D画像をもとにインプラントの埋入角度をシミュレーションすることにより、最適な部分にインプラントを埋入することができます。

体への負担が少ない

オールオン4は、埋入するインプラントの本数が少ないほか、1回の手術でほぼ治療が完了することで、患者様への負担を最小限に抑えます。

手術中の院長

オールオン4の治療の安全性を
高める4つのポイント

オールオン4の治療は、外科手術でインプラントの埋入を行うことから、インプラント周囲炎やインプラントの脱落のような、手術の失敗に対して不安を感じる方は多いのではないでしょうか。当院では、患者様に安心してオールオン4の治療を受けていただくために、次の4つのポイントにより、安全性の高いオールオン4の治療を実現しています。

1. 歯科用CTの3D画像による精密な検査

インプラント治療を行うためには、歯科用CTで撮影した画像診断を欠かすことができません。3D画像で確認された骨の状態をもとに、インプラントを埋入する位置や角度を検討します。また、歯科用CTの3D画像では、ドリリングの際に注意すべき神経や血管の位置を把握することができます。

2. 専用ソフトウェアを使った治療計画の策定

当院では、インプラント治療のプランニングを行うために専用のソフトウェアを導入しています。これにより、インプラントの適切な位置や角度をシミュレーションできるほか、シミュレーション結果から作成された、インプラント埋入後のイメージ画像を患者様にご確認いただくことも可能です。

3. ガイド用テンプレートの使用

インプラント手術では、治療計画をもとに作製されたガイド用のテンプレートを使うことによって、計画通りのインプラントの埋入が可能になります。インプラントを埋入する部分にテンプレートを固定し、ガイドに従ってドリリングを行うことで、正確な位置や角度にインプラントを埋入することができます。

4. 定期的なメンテナンス

埋入したインプラント体や周囲組織が細菌に感染すると、歯周病の症状に似たインプラント周囲炎を発症する可能性が高くなります。インプラント周囲炎を防ぐためには、インプラントを清潔に保つ必要があることから、定期的な受診して、メンテナンスを受けていただく必要があります。

手術に不安を感じる方には静脈内鎮静法がおすすめです


鎮静薬を腕の静脈から点滴で投与する麻酔法を「静脈内鎮静法」といいます。緊張が和らぐことで、リラックスした状態で治療が受けられるのが特徴です。当院では、常駐の麻酔医が手術中の患者様の全身管理を行います。

オールオン4の治療後
注意点

オールオン4の治療は、人工歯を被せたらそれで終わりという訳ではありません。治療後に何もせずに放っておくと予後に影響を与えるため、次の3つの点に注意が必要です。

  • 定期的にメンテナンスを受けましょう
  • しっかり歯磨きを行いましょう
  • インプラントのリスク因子を減らしましょう

インプラントのリスクを高める要因には、インプラントの骨結合を妨げる歯ぎしりや舌癖などの口腔悪習癖のほか、糖尿病や貧血などがあります。また、タバコは骨結合のリスクだけでなく、インプラント周囲炎につながることから、治療後の喫煙には十分に注意しましょう。

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました