インプラント骨造成/骨再生の種類

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

インプラント骨造成/骨再生の種類 インプラント骨造成/骨再生の種類

顎骨が不足しているとインプラントが埋入できない理由

インプラント治療は顎骨にインプラントを埋め込み本来の歯根のように安定性を得て 自分の歯の噛み心地、見た目を取り戻せる治療法です。

しかし肝心のインプラント埋め込む顎骨が不足している場合は、インプラントが上顎骨を突き抜けてしまうため埋入することができません。

※インプラントに必要な骨量とは主にあご骨(歯槽骨)の厚みや高さを言います。

インプラントが骨を突き抜けてしまうケース

骨造成によってインプラントを埋め込む骨を作る

骨量が少ない人でも、骨を増やす治療(骨造成・骨再生術)によって、インプラント治療が可能になる場合があります。 この骨を増やす治療は、高度な技術と深い知識が必要になります。

歯周病で骨が溶けてしまった患者様や高齢で骨が痩せてしまった方でもインプラント治療が可能になります。

骨造成(骨再生)治療の種類

GBR法

骨が再生するスペースを確保して骨の再生を誘導する方法です。
歯肉と骨では再生するスピードが違い、歯肉の方が再生するスピードは速く、本来骨があるはずのスペースを歯肉が埋めてしまいます。
GBR法(骨再生誘導療法)は特殊なバリアの様なイメージで骨が再生するスペースを確保して骨を再生へ導きます。

GBR法

サイナスリフト

上顎骨の上には空洞(上顎洞)という空洞があります。
歯がなくなると空洞が広がり、上顎骨が薄くなります。

上顎骨が薄くなるとインプラント埋入時にインプラントが上顎骨を突き抜けてしまいます。
サイナスリフトとは広がった上顎洞に移植骨や骨補填材を入れインプラント埋入に必要な骨の厚みを出す方法です。
同時にインプラントを挿入する場合と骨が再生してから埋入する場合があります。

サイナスリフト

※骨の移植を行うケースもあります。

ソケットリフト

サイナスリフトと同じで上歯槽骨が薄い場合いに行う治療法です。
既存の骨が充分な高さがない場合ソケットリフト法で行われます。
上顎洞の底を特殊な器具を使って押し上げ骨補填材で骨量を補う方法です。
インプラント挿入を同時にする場合と骨が再生してからインプラントを挿入する場合があります。

骨が足りなくても諦めないで

骨量が足りないままインプラント治療を行ってしまうと、インプラントが骨と結合せず、失敗してしまいます。
骨の量や骨の幅・高さを十分に確認せず、インプラント治療を行ってしまうと、失敗する可能性があると言えるでしょう。

骨造成・骨再生手術によって、骨量が不足している人でもインプラント治療が可能になりますが、全ての歯科医院で行える治療法ではありません
そのため、骨量が不足しているために、インプラント治療を断られてしまう患者さんも少なくないのです。

しかし、骨量不足で、インプラント治療を断られてしまった方も、インプラント治療を諦める必要はありません。
安全な骨造成(骨再生)治療を行える歯科ならば、インプラント治療ができます。当院では、骨量が不足している患者様にも、骨を増やす治療を行い、インプラント治療を行っています。他院で断られたという患者様の相談を受けることも多いです。

骨量不足が理由でインプラント治療を諦めたという人も、ぜひ当院へご相談ください。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。