奥歯のインプラント失敗例

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

奥歯のインプラント失敗例奥歯のインプラント失敗例

奥歯のインプラントに見られる失敗例と当院の予防対策

インプラントは治療する場所によって伴うリスクが異なります。前歯に比べて骨に厚みがあるとはいえ、奥歯には特有のインプラントの失敗例があります。奥歯のインプラントにはどのような失敗があるのか、ここではその具体例と予防のための対処法をご紹介させていただきます。

1.骨不足によりインプラントが骨を貫通した

頬を手で押させている女性

鼻の両脇には「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる大きな空洞があることから、他の部分に比べて上の奥歯を支える骨にはあまり高さがありません。そのため、骨の高さよりも長いインプラントを埋入してしまうと、インプラントの先端が骨を貫通して上顎洞に飛び出てしまうのです。最悪の場合、インプラントが固定されずに骨を突き抜けて、そのまま上顎洞に落っこちてしまう可能性があります。

失敗しないための対処法

上の奥歯のインプラント治療を行う際は、歯科用CTの3D画像を使って上顎洞までの骨の高さを計測し、インプラントの埋入を判断します。もし骨の量が足りない場合は、サイナスリフトなどの骨造成の治療によって十分な骨の高さを作ることで、インプラント治療が可能になります。骨造成についての詳細は、「インプラント骨造成/骨再生の種類」をご覧ください。

2.神経の圧迫や損傷

下顎には、あごや歯、唇などに刺激を伝える、「下歯槽神経(かしそうしんけい)」という太い神経が通っています。インプラント手術の際にその神経を圧迫したり傷つけてしまうと、手術後まれに、しびれが残る恐れがあります。重症の場合は、埋入したインプラントを取り外した後で、神経内科などの専門医の診療が必要になります。

失敗しないための対処法

歯科用CTスキャナ

これまでの歯科治療では、レントゲン撮影によって歯の状態を確認するのが一般的でしたが、今やインプラント治療において、歯科用CTの使用が不可欠となりました。CTの3D画像によって、患者様の顎の状態だけでなく、神経や血管の位置を把握することができるのです。そのため、術前にしっかり画像を分析することで、神経や血管を傷つけることなくインプラントの治療をすることができます。

3.骨の吸収が進んでインプラントが露出した

骨が吸収され歯茎も下がったためにインプラントが露出している歯の断面図

抜歯をすると、それまで歯を支えていた歯槽骨に力がかからないことにより、骨の代謝が悪化して、骨の形成が行われずに骨吸収だけが進みます。実は、インプラントを埋入し、それがしっかり骨と結合したとしても、骨の吸収はわずかながら進みます。時間とともに骨が痩せてしまうと、人工歯とインプラントをつなぐアバットメントやインプラント本体が露出するため、細菌感染のリスクが高くなります。

失敗しないための対処法

インプラントの埋入では骨吸収を防ぐことができないとはいえ、インプラントには骨吸収しにくい構造があることが分っています。当院で使用しているノーベルバイオケア社でも、周囲組織の維持を目的としたデザインの製品が用意されています。ノーベルバイオケア社についての詳細は、「【ノーベルバイオケア】インプラントで世界シェア1位になる理由」をご覧ください。

4.埋入した位置や角度が不適切だった

角度が悪く傾いて隣の歯にあたっているインプラントのイラスト

インプラントの埋入位置が不適切な場合、神経に触れて麻痺を引き起こす可能性があります。また、隣り合った歯に対して、埋入したインプラントの角度が不適切なだと、うまく骨と結合せずにインプラントがぐらついたり、抜け落ちてしまうことがあります。さらに、物を噛む際に無理な力がかかることで、人工歯や人工歯とインプラントをつなぐアバットメントの破損につながります。

失敗しないための対処法

従来のインプラント手術は、歯科医師の経験によるものがほとんどでした。そのため、知識や経験が不足している医師が手術を行うことで、不適切にインプラントが埋入されてしまったのです。ところが、当院で導入している最新のインプラント治療では、歯科用CTを使ったコンピューターガイドシステムによって、埋入するインプラントの位置や角度をあらかじめ決めるため、以前のような失敗が起こりにくくなっています。

5.メンテナンス不足により細菌に感染した

ほとんどの場合、インプラントの素材にはチタンが使われるため、たとえ歯磨きを怠けたとしても、それ自体が虫歯になるようなことはありません。ところが、インプラントが細菌に感染すると、歯周病に似たような症状の「インプラント周囲炎」を引き起こします。放っておくと、インプラントを支えている歯槽骨が溶けて、歯周病と同様にインプラントが抜け落ちてしまうという、最悪の事態に陥ります。

失敗しないための対処法

歯科診察台の上で歯科女医から説明を受ける男性

インプラントの周囲の清掃を怠ると、インプラントが細菌に感染するリスクが高くなって、インプラントの脱落につながります。インプラントの寿命を確実に延ばすためには、インプラントの手術後、必ず歯科医院での定期検診を受ける必要があります。インプラントのメンテナンスについての詳細は、「インプラントはメンテナンス次第で失敗も!」をご覧ください。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。