静脈内鎮静法のリスク

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

静脈内鎮静法のリスク 静脈内鎮静法のリスク

手術の安全性を高める静脈内鎮静法にもリスクが!!

インプラント治療など、歯科治療で行われている麻酔法「静脈内鎮静法」は、治療中の緊張やストレスを軽減でき、患者さんの治療による負担を軽減します。
全身疾患を持つ人嘔吐反射を持つ人などの、歯科治療の安全性を向上するというメリットもあります。

しかし、やはり「麻酔」というと、副作用やリスクが気になるところでしょう。比較的低リスクと言われている静脈内鎮静法ですが、やはりリスクは存在します。
リスクも確認した上で、治療に使用する麻酔の種類を選択することも大切です。

そもそも、静脈内鎮静法とは何?

インプラントは下記の流れで行います。

静脈内鎮静法の流れ図

静脈内鎮静法のメリット

  • ウトウトと、眠っているような状態で治療が受けられるので、手術によるストレスが軽減される
  • 口を長時間開けていることの苦痛が軽減される
  • 治療中の呼吸の状態や血圧などが安定する
  • 健忘効果があるため、治療中の記憶が残らない(治療中の嫌なことも忘れてしまう)
  • 手術にかかった時間が短く感じられる
  • 意識はあるため、呼びかけなどには反応できる

全身麻酔とどう違う?

全身麻酔は全く意識がなくなりますが、静脈内鎮静法は、呼びかけに応えられる程度意識はあります。
そのため、全身麻酔では自分で呼吸を行えないため、人工呼吸器が必要になりますが、静脈内鎮静法では、自発呼吸が行えますから、呼吸を管理する必要がありません。

また、全身麻酔を行うと入院が必要になりますが、静脈内鎮静法では入院の必要はありません

恐怖感の強い人が起こす呼吸困難を防げる

恐怖感の強い人が、治療中に心拍数が高くなり、呼吸困難意識の喪失頭痛動悸めまいなどの症状を引き起こす可能性があります。
歯科治療に対する恐怖や不安が、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

静脈内鎮静法は、リラックスした状態で治療を受けられることから、恐怖や不安による悪影響を防ぐことができます。恐怖感や不安の強い人は、静脈内鎮静法の併用で、快適で安全な治療が可能です。

静脈内鎮静法のリスクとは?

静脈内鎮静法は、全身疾患を持つ人などリスクの高い患者さん向けの麻酔法でもあります。そのため、低リスクではあるのですが、リスクも存在しています。

静脈内鎮静法によって、呼吸や血圧などに悪影響を及ぼす可能性があるのです。そのため、静脈内鎮静法を併用により治療を行う場合にはモニタリングを行い、呼吸や血圧、脈拍など全身の状態を把握する必要があります

静脈内鎮静法による治療は、認定麻酔科医の立ち会いが望ましい

当院でも、静脈内鎮静法を併用して行うインプラント治療は、麻酔の専門医である「認定麻酔科医」が全身管理を担当します。

静脈内鎮静法は、インプラント治療など歯科診療を快適にしますが、わずかであってもリスクがありますから、適切な全身管理を行う歯科医院で治療を行う必要があるでしょう。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。