インプラントのデメリット

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

インプラントのデメリット インプラントのデメリット

インプラントの5つのデメリット

インプラントのレントゲン写真

インプラントの治療をこれから考えている方はメリットだけではなくデメリット部分も知っておきましょう。
審美性・噛み心地に優れたインプラント治療でもデメリットはあります。
デメリットを理解した上で治療をしましょう。

外科手術が必要

通常の歯科治療との大きな違いはインプラントは外科手術が必要な点です。
患者様にとっては大きなハードルになると思います。

顎骨に直接インプラント体を埋め込むので手術には危険がないとは言い切れません。
経験豊富な医院・医師を選択することが一番の安心です。
又、糖尿病などの全身の疾患や全身に影響のある疾患をお持ちの方は手術ができない可能性もあります。

治療の期間が長い(3ヶ月~1年以上も)

治療期間がブリッジや入れ歯の治療に比べ大変長くなるのもデメリットです。
人工の歯根が骨とオッセオインテグレーション(接着)するまでに3~6ヶ月の期間がかかります。

又、骨量が少ない場合には顎骨を増や治療も必要になったり、 歯周病がある場合は完治してからの治療になりますので更に期間を有します。

細菌感染に弱い

インプラントの本体(フィクスチャー)部分は細菌感染に弱く、メンテナンスを十分に行わなければ 細菌に感染して失敗を招く可能性があります。

インプラントには天然の歯にはある歯根膜が存在しません。
その為天然の歯に比べると細菌感染に弱くなります。

細菌に感染すると歯肉炎から歯周炎と進行しインプラント周囲炎という病気に発展します。
最悪の場合は骨吸収が起こり、インプラントが脱落してしまう事になりかねません。
日々のプラークコントロールをしっかりし、定期的に健診を受ける様にしなければいけません。

治療費が高い(1本約15~50万円)

インプラントは自由診療が一般的で、保険が適用されません。
全額自己負担なので治療費が高額になるケースがほとんどです。
一部保険適用も認められていますが、重度な難症例に限るので一般の方はほぼ適用が認められません。

高度な技術・設備が必要

治療が複雑で一定量の技術と設備が揃っている医院での治療が必要です。
特にパノラマレントゲン(往来のレントゲン)のみでのインプラント治療は大変危険です。
事前に治療のシュミレーションを行う事の出来る設備とそれが出来ない設備の医院では どちらが安全でしょうか?
しかし、すべての歯科医院が高度の設備を持っている訳ではないので医院選びは注意が必要です。

技術面ではインプラント治療の症例数が多い医師のいる医院を選択すると安心です。

インプラントのデメリットで多い誤解

インプラントのデメリットで、特に多い誤解をご紹介します。
確かに、インプラントにはデメリットも複数存在しますが、間違った情報を信じてしまっている人も少なくないようです。
正しい知識を身に付けて、ご自身に最適な治療法を選択することが大切でしょう。

インプラントにするとMRI検査が受けられなくなる

これは、間違いです
インプラント治療を受けた人でも、MRI検査を受けることは可能です。画像に悪影響を及ぼすこともありません。
(インプラントに磁石を装着しているケースなどは、画像に乱れが生じる可能性があります。)

前歯をインプラントにすると、将来インプラントが露出する

リスクはありますが、必ずインプラントの露出を招くわけではありません。
前歯のインプラント治療は、大変難度の高い治療になります
前歯は奥歯に比べて骨幅が薄く、骨吸収や歯肉の退縮が起こりやすい部分でもあるため、歯肉の移植や骨造成が必要になるケースが多いのです。

前歯治療により、将来インプラントが露出するリスクは否定できませんが、歯肉の移植や骨造成治療により、露出を防ぐことが可能です。
歯肉の移植や骨造成ができる医師のもとで、インプラント治療を行うことをお勧めします。

フラップレス手術は危険!?

フラップレス手術による死亡事故が実際に起こっていることから、フラップレス手術は危険であるというイメージを持ってしまった人も少なくないようです。

しかし、フラップレス手術は適切な検査を行い、適切な治療部位に用いれば、メリットの多い治療方法です。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。