インプラント手術の流れ

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

インプラント手術の流れインプラント手術の流れ

インプラントの手術の流れ

インプラント手術

1回法と2回法というインプラント手術があります。患者様一人一人に合った手術法を行います。
大きな違いは手術の回数です。
2回法はインプラント埋入後に一度切開した歯肉を閉じるため感染のリスクを減らすことができますが、 その分2回の外科手術を必要とします。

1回法・2回法それぞれに違いがあります。

1回法

1.口腔内チェック・カウンセリングなど

虫歯や歯周病のチェックやレントゲンや噛みあわせなども診断します。
患者様のお悩みになっていることや健康状態などもチェックし治療の計画を立てます。

2.骨再生治療(顎骨が不足している場合)

インプラントを埋入する骨が不足している場合骨の再生治療を行います。歯槽骨が不足している場合は骨再生治療を優先して行います。

3.インプラント埋入手術(即日)

歯茎を切開して顎骨(歯槽骨)にインプラントを埋め込みます。
インプラントの先を歯茎から出した状態で歯槽骨とインプラントの結合を待ちます。

4.上部構造の装着

アバットメントを連結させ、歯茎を整えます。天然の歯と見分けがつかない人工の歯をインプラントに装着させます。

2回法

1.口内チェックとカウンセリング

1回法と同様で患者様の悩みや健康状態・現在の歯の状態をチェックします。

2.骨再生治療(顎骨が不足している場合)

1回法同様インプラントを埋入する骨の厚みや高さがない場合は骨再生治療を優先して行います。

3.インプラントの1次手術

1回目の手術を行います。
歯茎を切開して顎骨(歯槽骨)にインプラントを埋め込みます。
切開した歯茎を閉じ、インプラントが結合するまで期間をおきます。

4.インプラント2次手術

骨とインプラントが結合したら再び歯茎を切開します。
人工の歯を取り付けるアバットメント(支台部)をつなげ、歯茎から歯茎から露出させます。

5.上部構造のを装着

天然の歯の見た目と変わらない人工の歯をインプラントに装着します。

1回法と2回法の特徴

1回法の特徴

  • 手術が1回なので患者様の負担が少ない
  • 手術時間を短縮できる
  • 骨の再生治療などを行う場合は2回法に比べ感染するリスクが高くなる

2回法の特徴

  • 多くの人に適応できる。
  • 手術を2回行うので患者様の負担が大きい
  • 歯肉を一度閉じるので感染症のリスクが減る
【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。