庄野歯科インプラントセンター

インプラントの特徴

インプラントの痛みに
不安がある方へ

インプラントの痛み

ホーム > インプラントの痛み

インプラントの痛みの
特徴と対処法

インプラントを埋め入れる手術中の痛みや、術後の痛みに対して不安を感じる方は多いかと思います。通常の歯科治療と違って、歯肉の切開や骨の切削を行うことから、「インプラント=痛い」と思われるのも無理はありません。しかし、歯科医院ではインプラントの治療を行う際、患者様の痛みに対して細心の注意を払っています。

安心して治療を受けるためにも、インプラント手術で起こる痛みについて正しい知識を身につけて、痛みに対する不安を解消しておくことが大切です。

インプラントの
手術中の痛み

カウンセリング風景

インプラントの埋入手術では、局所麻酔を行うことで痛みをほとんど感じることなく治療が受けられます。ただし、麻酔の注射を打つ際に多少の痛みを感じることがあるため、注射が苦手という方は、カウンセリングの際に伝えておくといいでしょう。

歯の麻酔注射には、主に2つの痛みがあります。1つめの針を歯茎に刺す時の痛みは、表面麻酔で抑えられます。また、もう1つは麻酔薬を注入する時に起こる痛みで、これは細い注射針で一度に注入する麻酔薬の量を調整することによって、痛みを軽減することが可能です。

しかし、インプラントの手術中は痛みを感じることはないとはいえ、手術に対して不安を感じる患者様は少なくありません。そのような方は、局所麻酔と静脈内鎮静法を併用することで、手術中の不安を和らげることができます。

静脈内鎮静法とは


点滴を使って鎮静剤を静脈から投与することにより、話し声や歯を削る音、振動などを気にせずに、リラックスした状態で手術が受けられます。全身麻酔のように完全に意識を失うことがないため、患者様への負担が少なく抑えられます。

静脈内鎮静法について詳細は、こちらをご覧ください。

頬を支える女性

インプラントの術後の痛み

インプラントの手術後に起こる痛みは、主に次のような3つの種類に分けられます。

1.外科治療による痛み

インプラント手術ではインプラント体を骨埋入するために、歯肉を切開して骨を削ることから、術後に痛みが起こります。その痛みは一般的に、「抜歯した時と同じ程度の痛み」といわれています。

ただし、治療の痛みは個人差が大きいため、「思ったよりも痛くなかった」「痛み止めの薬を飲まなかった」という方がいる一方で、数日たってから痛み始めたという方もいらっしゃいます。また、埋入したインプラントの本数が多い方や同時に抜歯を行った方は、通常よりも強い痛みを感じることがあります。

治療後の痛みは、次のような点に注意することで軽減することができます。

治療による痛みへの対策

  • 我慢せずに処方された薬をきちんと飲む
  • 硬い食べ物は避ける
  • 歯磨きの際、歯ブラシが当たらないように注意する
  • 患部を舌で触れたり押したりしない
  • お酒やタバコは控える
  • 安静に過ごす

2.骨造成の痛み

骨量不足のための骨造成では、通常よりも強い痛みや腫れが起こる場合があります。しかし、最近は、骨造成を行う際にCGF再生療法を取り入れることで、痛みや腫れを軽減することが可能になりました。

CGF再生療法とは、患者様の血液からフィブリンゲルと呼ばれるタンパク質を取り出し、骨の欠損部分を補う骨補填材に混ぜることによって、組織の再生を促す治療法です。患者様の自己血を使うため、感染症などのリスクが少ないのが特徴です。当院ではCGF専用の遠心分離機を導入し、安全性の高い再生治療を提供しています。

3.抜糸の痛み

抜糸の痛みには個人差があるほか、治療を行った部位によって異なります。一般的に糸を抜く際にチクッとする程度で、全く痛みを感じないという方もいらっしゃいます。抜糸した後で痛みがしばらく続く場合もありますが、徐々に痛みは治まります。

抜糸の痛みに不安を感じる場合は、表面麻酔で抑えることが可能なため、事前に相談しておくと安心です。

手術の前に確認すべきこと

インプラント手術の後で起こる痛みは、通常では我慢できる程度ですが、何らかのトラブルによって痛みがひどくなる可能性があります。インプラントに影響を与えるようなトラブルを未然に防ぐために、次のようなことを事前に確認しておくと安心です。

術前の確認ポイント

  • どのような痛みが予想されるのか?
  • 術後に注意すべきことはあるか?
  • 夜間や休日に痛みがひどくなった際の連絡先
  • 歯科医院に連絡する症状の目安

特に、鎮静剤を飲んでも痛みが治まらない、強い痛みが続くという場合は、何らかのトラブルが起こっている可能性があるため、早めに歯科医院に連絡する必要があります。その際は、腫れ・発熱・しびれ・違和感など、痛み以外の症状について伝えることも大切です。

お知らせ

  • 2017年12月28日ホームページをリニューアルしました