矯正歯科

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

矯正歯科矯正歯科

矯正歯科とは

笑顔の女性

小さい子供小児矯正から大人の矯正歯科など 顎変形症や不正咬合・歯並びなどを治療する専門の歯医者の事です。
矯正治療で最もポピュラーな方法としては歯並びの悪い人にブラケットという装置を付けワイヤーで固定して矯正的に歯を正しい位置に移動する方法です。矯正治療は保険が適用にならないため、高額な費用が掛かる場合もあります。

主に審美的な目的で現在ではインプラントやマウスピース矯正など矯正装置が目立たない審美的に優れた矯正方法や多数の治療法があります。

主な矯正歯科の種類と特徴

ワイヤ―矯正

ワイヤー矯正

昔からある一般的な矯正方法 歯の表面に金属でできたブラケットと呼ばれる装置を装着します。
期間を決めワイヤーを調整し、少しずつ歯を引っ張り移動させる方法です。
歯の表面にワイヤーを付けるので審美性は全くない矯正方法です。
歯を固定する金属も種類があり、ステンレスやチタンなどの種類があります。
最近ではセラミック製やプラスチックなど透明な矯正装置もあり審美性に優れたワイヤー矯正も可能の様です。
歯並びをより良くみせるため、矯正治療が終わると歯をホワイトニングするケースもあるようです。

裏側矯正

裏側矯正

裏側矯正(リンガルブラケット)は歯の表面ではなく歯の裏の目立たないところに矯正装置を付ける治療法です。(舌側矯正とも言います。)

歯の裏なので通常のブラケット矯正とは違い目立たないのがメリットです。
しかし、歯の裏側にある事で違和感がある。治療期間が長期になり、料金も割高になるなどのデメリットもあります。

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正は比較的新しい治療方法で矯正治療に時間をかけたくない方にはおすすめの方法です。
主な治療方法はミニインプラントを埋入し固定源を作り、歯を確実に・素早く移動させることが可能です。
又裏側矯正と同時に行う事も可能です。

デメリットとしてはインプラントを埋入するための手術が必要になります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着して矯正する方法です。
矯正治療の中でも最も目立たないため、治療期間の審美性が最も高い矯正方法です。
マウスピースにも種類があり、インビザライン・クリアアライナー・オペグラス・アクアシステムなどのメーカーがあります。

メリットとしては取り外しが可能なので、メンテナンスが楽なのと矯正装置を付けている事が他人からはほぼ分からないことでしょう。 デメリットとしてはマウスピースを1日中装着する必要があります。この装着期間が短いと効果もあまりでない様です。
又他の矯正治療に比べ価格も高く通院回数も増えるところです。※患者様の状態にもよる。

小児矯正

小児矯正

小児矯正とは名前の通り子供のころに歯列矯正を行う事です。
3歳~12歳くらいまでの期間が目安です。矯正方法はワイヤー矯正やマウスピース、重度の場合は フェイスマスク型矯正装置など様々です。
子供のころに矯正をするメリットはある程度あご骨のコントロールが可能なところです。
成人になると顎骨の成長が終了しているのでコントロールすることは不可能です。

子供のころに矯正治療をしておくと大人になってからの矯正治療の心配がなくなります。

良くない歯並びの種類

出っ歯(上顎前突:じょうがくぜんとつ)

出っ歯

上顎が下の顎より前に出ているので口が閉じにくなったり笑うと歯茎が出る・口で呼吸をする癖がついてしまう・発音が悪くなるなどの特徴があります。
小児矯正が可能であればあごの大きさを広げ抜歯をしないでキレイにすることが可能のです。
原因としては小さいころのおしゃぶりなどの生活習慣や遺伝的な事が考えられます。

すきっ歯(空隙破裂:うげきしれつ)

すきっ歯

歯と歯の間に隙間が空く歯並びです。
永久歯が生える前の子供の状態での歯の隙間はさほど気にしなくても良いでしょう。
大人の歯の場合は歯と歯の隙間に食べカスがつまりやすくなるので、プラークコントロールを怠ると歯周病や虫歯のリスクが増える可能性があります。
歯の隙間に舌を入れる癖などがあると隙間が空きやすくなるようです。

叢生(そうせい:乱ぐい・ガタガタ)

叢生

歯と歯が重なりあってデコボコ・ガタガタな状態で生えてしまう歯並びです。
乱ぐい歯や八重歯も叢生の一種です。
きれいな歯並びにするには抜歯をするのが一般的です。
幼少期であれば顎の大きさを広げる矯正をして歯が並ぶスペースを確保する方法をとりますが 歯を抜くことが多いようです。
原因は様々な事が考えられますが、最も多いのはアゴが小さいため歯の並ぶスペースがない事です。

下顎前突(かがくぜんとつ:反対咬合・受け口)

下顎前突

上の前歯より下の前歯の方が前にでてしまう一般的にはしゃくれ・受け口とよばれている歯並びです。
重度の場合は骨を後ろに下げる外科手術が必要になる場合もあります。

開咬(かいこう:オープンバイト)

開咬

開咬とは奥歯のみ噛んで、前歯が噛まない歯並びです。
発音が悪くなったり、前歯で噛めないという症状があります。
他には歯や顎の骨を傷めてしまうこともあるようです。
抜歯をして矯正治療する事が一般的です。

矯正歯科が必要な理由:歯並びが悪いと起きる障害

アゴが痛くなる

出っ歯や開咬などの方は上下の歯がうまくあたらなかったりスムーズに噛めないなどで顎関節症などの原因になる可能性もあります。

発音が悪くなる

歯に隙間があったり、前歯が出ていたりすると、発音が悪くなります。発音が悪いと人前で話すのが苦手になったりと精神的負担にもなりえます。

精神的負担になる

歯並びが悪いと人前で笑えなくなったり自分に自信がもてなくなることもあります。常に口元の見た目を気にするなど精神的負担が増える原因になります。

歯の寿命が短くなる

歯の隙間や歯並びが悪いと食べカスが溜まりやすく、歯垢(バイオフィルム)の除去が難しくなります。
歯ブラシが隙間にとどかず、歯周病や虫歯の原因を作る事にもなります。

内臓に負担がかかる

咀嚼力が低下して食べ物をきちんと噛み切れていないまま飲み込む事が多くなり、消化不良などで胃や腸の負担が増えます。

矯正治療のメリット・デメリット

ここで紹介した矯正方法以外にも、人口の歯(セラミック)などを利用して短期間で矯正する方法もあります。様々矯正治療の方法がありますが、どんな治療にもメリット・デメリットがあります。
矯正歯科のメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

矯正歯科のメリット

  • 見た目が良くなる
  • 歯並びに対するコンプレックスが解消できストレスが軽減される
  • 発音がよくなる
  • 日々のメンテナンスがしやすくなり、虫歯・歯周病が予防できる

矯正歯科のデメリット

  • 時間と費用がかかる
  • 必ずしも成功するとは限らない・失敗もあり得る(歯並びが良くならない)
  • 治療中は虫歯のリスクがあがる。
  • 歯根吸収が起きる事がある。(歯根が溶けてしまう)
リンゴ咬む女性

歯列矯正治療も他のインプラントやブリッジ・入れ歯と言った治療と同じで メリットもあればデメリットもあります。
信頼ある医院・医師と良く相談して自分の今の症例に合った矯正治療をしましょう。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。