罹患率高!インプラント周囲炎(周囲粘膜炎)の原因

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

罹患率高!インプラント周囲炎(周囲粘膜炎)の原因罹患率高!インプラント周囲炎(周囲粘膜炎)の原因

インプラント失敗の主原因「インプラント周囲炎」とは?

インプラント周囲炎

インプラント本体は人工物なので虫歯になる事はありません。しかし、インプラントも歯周病にはなります。
メンテナンスを怠ると、インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」になってしまうのです。

歯周病は進行すると歯が脱落しますが、インプラント周囲炎も同様で、インプラントの脱落を招きます。
せっかく保険外で高い治療費をかけて埋入したインプラントも、撤去する事になりかねません。
治療後のメンテナンス不足で、患者さん自らが、インプラントの失敗を招いてしまう可能性もあるのです。

インプラント周囲炎の4つの特徴

1自覚症状がほとんどなく進行してしまう

2本物の歯より進行しやすい

3インプラントを支える骨や歯周組織を破壊する

4重度になるとインプラントを摘出しなければならなくなる

1.インプラント周囲炎は自覚症状がほとんどない

インプラント周囲炎の恐ろしいところは、初期症状がないところです。
疾患が急速に進行し、気付いた時には取り返しのつかない状態になっているケースもあります。

インプラント周囲炎の初期症状は、歯周病の初期症状と似ていて、主な初期症状には、次のような症状が挙げられます。

  1. 歯肉の腫れ
  2. 歯磨き時の出血
  3. 歯周ポケットが深くなる

2.本物の歯より疾患の進行が速い

天然の歯と比べインプラントは防御する機能が弱いため、インプラント周囲炎にかかると、一般の歯がかかる歯周病の10倍~20倍程のスピードで進行していきます。

3.インプラントを支える歯肉や骨を壊します

インプラント周囲炎の初期症状の段階を、特に「インプラント周囲粘膜炎」と呼びますが、この段階ではインプラントを支える周囲の粘膜にのみ炎症を起こします。
周囲粘膜炎から進行し、歯周炎になると、インプラントを支える骨に炎症を起こし、インプラントをグラグラにしてしまいます。最悪は、骨が痩せてインプラントの脱落を招いてしまいます

4.インプラント周囲炎は主に歯周ポケットの深さで診断します

歯周病と同様に、インプラント周囲炎は主に歯周ポケットの深さで診断します。
歯周ポケットが深くなり、骨の吸収が認められる場合、インプラント周囲炎と認められます。

歯周ポケットの深さに加え、インプラントの動揺レントゲン排膿の有無なども加えて検査して診断します。

インプラント周囲炎の原因と予防法

インプラント周囲炎の原因は、日々のデンタルケアを怠ったり、定期的な健診を受けない事により、プラークや歯石が停滞し、歯周病菌が増殖してしまうことと考えられています。
正しいブラッシングと定期的なメンテナンスによりプラークコントロールを徹底すれば、予防が可能なのですが、それができていない場合に、周囲炎を発症してしまいます。

インプラントは天然の歯に比べると防御力が弱いため、メンテンナンスが重要です。セルフメンテナンスはもちろん、自分で落とし切れていないプラークの除去、そして、インプラント周囲炎の早期発見が重要です。 インプラントの失敗を自分自身で招いてしまう事にもなるので歯科医院で行うメンテナンスは不可欠なのです。

残っている歯の健康維持にもメンテナンスが大切!

歯磨きをしている女性

歯科医院でのメンテナンスは、インプラントだけでなく、残っている自分の歯を守るためにも大変重要です。

残っている天然歯が歯周病になると、インプラントにも悪影響が及ぶため、インプラントを守るためには、口の中全体の健康維持が大切になるのです。

インプラント周囲炎になってしまったら…!?

インプラントが感染し、インプラント周囲炎になってしまったら、早期治療が不可欠です。インプラント周囲炎は進行しやすいため、早期治療により、進行させないことが必要なのです。

インプラント周囲炎の治療は、進行段階によって違っています。
歯槽骨が吸収されていないインプラント周囲粘膜炎の段階ならば、クリーニングや洗浄、殺菌を行い、進行を抑制します。

炎症が歯槽骨にまで及んでいる場合には、インプラントに付着した歯石の除去など、外科的な処置も必要になります。汚染された歯肉や骨の状態によっては、再生治療が必要になる場合もあります。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。