歯周病とは

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

歯周病とは 歯周病とは

歯周病は最も多い感染性

歯周病菌のイラスト

中高年の8割が歯周病とも言われ、歯周病は感染者数が最多の感染症とされている病気です。
歯周病は歯の健康以外にも全身疾患との関係もあると言われている恐ろしい病気です。
主な歯周病原因は歯垢(プラーク)の中の細菌が原因とされています。

生活習慣や歯並びが悪く、歯磨きが中々できないなどと言ったお口の中の環境に大きく影響しています。
インプラント治療では歯周病菌が引き起こすインプラント周囲炎などと深く関係してきます。

※プラークをバイオフィルムと言う場合があります。

歯肉炎と歯周炎(歯周病症状)

歯肉炎

歯周病の初期段階の状態です。

  • 歯茎の炎症
  • 歯茎の腫れ
  • 歯磨きの時に出血する

気付いたらすぐ歯科医に診てもらいましょう。

歯周炎

歯周病が進行した状態です。症状としては以下の症状がでます。

  • 口臭
  • 歯茎の出血
  • 歯茎の腫れ

歯茎が退縮して歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなったり、歯が長くなったように見えます。

歯周病菌が発生しやすい口内環境と改善対策

歯並び

歯並びが悪いこと自体では直接歯周病になりやすいというのではないのですが、歯並びが悪いことによってハミガキがうまくできない、毎日のケアが上手にできないと言った理由です。

表面はきれいにブラッシングできても隙間などについたプラークを完璧に除去できない可能性があります。

対策

対処法としては矯正歯科で歯並びを改善したり、食べたらすぐにケアしたり、歯間ブラシ、つまようじなどをうまく使い日々のケアを強化するのも良い。

歯ぎしりや口呼吸の習慣

歯ぎしりや口呼吸の習慣をもっている人は注意が必要です。
歯ぎしりをすると歯肉や歯周組織に強い力が加わり歯周病の炎症や症状が悪化します。
さらに歯槽骨が破壊される原因にもなります。
歯ぎしりは歯周病の進行を早める危険性があります。

又口呼吸の習慣があると口内が乾燥して歯茎の抵抗力が無くなります。
乾燥によってプラークが付きやすくなり歯周病の進行を早めます。

対策

まず歯ぎしりついては原因としてはストレスや疲れがたまっているなどの様々な理由が考えられます。
マウスピースなどを使って強制的に歯ぎしりを制御する方法などがあります。

口呼吸に関しては常に鼻が詰まっていたり歯が出ているせいで口が閉じれないなどの原因があります。
耳鼻科に行き治療してもらったり、矯正歯科で歯の矯正治療が必要です。

歯石

プラークが石に変化したのが歯石です。
歯石は歯周病菌の恰好の住家になります。歯石が溜まっていると歯周病菌は活性化されて 進行も早まります。

対策

定期的に歯科で歯石を除去してプラークが付着しにくい環境を作ります。

歯周病になりやすい方

ストレス

ストレスイメージ

ストレスは歯だけではない全身疾患との関係もありますが、ストレスを受けると唾液に分泌などが 減少し、歯周病菌が繁殖しやすくなるとも言われています。

糖尿病疾患

糖尿病イメージ

糖尿病は歯周病の細菌に感染しやすくなり、周囲組織が破壊され歯周炎が進行します。

食生活

食生活イメージ

食生活が与える影響は歯だけではないですが、歯周病にも大きな影響を与えます。
甘いものばかり好んで食べる人や、不規則な食生活をしている人、好き嫌いが激しい人も 歯周病の進行を早めます。

喫煙

タバコイメージ

喫煙が習慣になっている人は歯肉に栄養を送る血管が細くなり歯肉に十分に栄養が行き渡らなくなったり、一酸化炭素やニコチンなどによる免疫能力の低下を招き歯周病の進行を助けます。

歯周病とインプラント治療の関係

インプラントを埋入した人が気を付けなくてはいけないのが、インプラント周囲炎と言う病気です。
インプラント周囲炎は天然の歯がかかる歯周病と全く同じ菌が原因です。
インプラントに歯垢(プラーク)が付着する事によって進行します。

インプラントに付着したプラークから菌が繁殖してインプラントを伝って骨に到達します。
自覚症状も少なくとっても危険な病気です。

最悪の場合はインプラントを埋入した骨を溶かし、インプラント本体を抜歯することになります。

歯周病菌はインプラントの寿命を短くしている原因でもあり、インプラント失敗の原因の一つと考えられます。
インプラント自体は虫歯にかかる事はないのですが、日々のプラーク除去の強化や定期的な健診を受けましょう。

歯周病を予防しましょう

歯周病を予防する上で大切な3つの事

  • 定期健診を受ける
  • 生活習慣の改善
  • 正しいプラーク除去(正しい歯磨き)

歯周病に感染すると歯を失ったり、インプラントを埋入している人は抜くことになります。
天然の歯やインプラント義歯に限らず、日々のプラークコントロールと予防対策を考えましょう。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。