喫煙者のインプラント

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

喫煙者のインプラント 喫煙者のインプラント

喫煙者のインプラント治療はリスクがいっぱい!?

タバコのマーク

「タバコは百害あって一利なし」と言われていますが、口の中の健康やインプラント治療にも悪影響があります。
そのため、「手術後2週間は禁煙してください」などと、禁煙の指示があります。期間を設けず、禁煙を指示する歯科医もいるでしょう。

タバコは、インプラントにどのような悪影響を与えるのでしょうか。また、術後はどのくらいの期間、禁煙を続けなければならないのでしょう。

タバコがインプラントの失敗リスクを高める原因

インプラントが顎の骨と結合しない

インプラントと歯茎の図

たばこを吸うことによって血行が悪くなると、骨や歯肉へ十分に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。そのため、骨とインプラントが結合しにくくなってしまうのです。
非喫煙者に比べ喫煙者の方が、初期固定が得にくい傾向があります。

感染リスクが高くなる

喫煙によって歯肉の免疫力が低下するため、細菌に感染しやすくなります。 喫煙者は歯周病に罹患しやすいのも同じことが原因であり、インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」に感染しやすくなります。

手術の傷が治りにくい

喫煙は歯肉の血行を悪くして、傷の治りを悪くします。そのため、手術の傷が治りにくく、化膿してしまう可能性もあります。

術後はどのくらいの期間禁煙しなければならないの?

手術後に「いつまで禁煙を続けなければならないの?」という人も少なくありません。
「術後2週間」「手術後1ヵ月」と期間を設けて、医師から禁煙を指示されるケースが多いようですが、インプラントを使い続ける限り、禁煙を続けることが望ましいのは確かです。

それは、インプラントの寿命は長いですが、喫煙によって寿命が短くなる可能性があるためです。
禁煙を続けられない人も少なくないですが、インプラントを長く使っていくならば、禁煙を長く続けることをお勧めします。

喫煙者のインプラント保証

喫煙者は、インプラントの失敗リスクが高いですから、保証は欠かせないでしょう。
しかし、喫煙者の場合、保証期間が短く設定されている場合もあります。(保証内容や条件は、歯科医院によって異なります。)
非喫煙者は10年間保証してくれるのに対し、喫煙者になると3~5年しか保証してもらえない場合もあります。中には、禁煙が保証の条件であり、喫煙している人は保証を受けられないという医院もあります。

たばこを吸うことが、インプラントの失敗リスクを高め、保証期間を短くしてしまうのですから、インプラント治療をするなら、禁煙した方がインプラントを安心して使っていけると言えるでしょう。

自分でたばこをやめられない人の禁煙外来

タバコを吸う人の手

「どうしても自分でタバコをやめられない」という人は多いと思いますが、近年は病院で禁煙できる時代となっています。
多くの病院(内科など)で禁煙治療が受けられますが、歯科医院でも禁煙治療を行う医院が増えています。

禁煙ができない人の多くが、ニコチン依存症と言われています。「意志が弱いからやめられない」などと言う人が多いですが、ニコチンの依存性によるものなので、治療によって禁煙の成功率が高まります。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。