相談件数は5年で2千超!

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

インプラント失敗で訴訟 相談件数は5年で2千超! インプラント失敗で訴訟 相談件数は5年で2千超!

他人事じゃない!訴訟にまで発展したインプラントトラブルの例

怒る男性

国民生活センターの資料(平成23年12月)によれば、インプラント治療に関する相談が、2006~2011年で2千件を超えています。
「格安インプラントでのトラブルが増えているのでは?」と思う人も少なくないと思いますが、驚くことに、かかった費用(契約購入金額)は100~500万円が最も多く、割合として半分くらいを占めています。
格安インプラントに関するトラブルの報告もありますが、治療費に関係なく、トラブルは起こっているのです。

「高いから安心」というわけではありません。安全で安心な治療のために、まずは歯科選びをしっかり行うことが大切だと言えるでしょう。

次に紹介するように、インプラント治療の失敗によって、訴訟にまで発展した例もあります。

前歯治療により適切な位置にインプラント埋入がなされなかった例

静岡県50代女性が、前歯のインプラント治療を受けたところ、術後に顔面の腫れ・激しい頭痛に悩まされ、外出や食事ができない状態になった。
女性は主治医以外の7人の医師を受診したところ、7人全ての医師が、治療の失敗によるものと判断したが、主治医は治療が失敗ではないと主張し、失敗とは認めなかった。

被害者の女性は、弁護士を立てない本人訴訟で勝訴した。静岡地裁浜松支部は、195万円の支払いを主治医に命じている。

原告が勝訴している訴訟が多い

壊れたインプラント

歯科だけでなく、内科や外科…さまざまな診療科の医療過誤に関する訴訟が起こっていますが、原告の勝訴する確率は、低下しているとされています。
しかし、歯科インプラント治療に関する訴訟においては上記と異なり、原告の勝訴率が高くなっています。その確率は、約8割とも言われています。

医療過誤が認められないケースでも、「(インプラントのデメリット・リスクなどの)説明が十分でなかった」として、治療義務違反が認められるケースも多いです。
また、訴訟件数は2000年の39件から、2012年には86件と2倍以上になっています

インプラントの失敗・トラブルを防ぐには、歯科選びが肝心

治療義務を果たしているか(インプラントのデメリットやリスクなどを説明してくれているか)、適切な治療を行う技術や経験を持っているかなどを、治療前に確認する必要があるでしょう。

「以前から通っていた歯医者だったから」などの理由で、インプラントの歯科を選ぶ患者さんも少なくありませんが、虫歯治療や歯周病治療などの従来の歯科診療とインプラント治療は異なりますから、インプラントにはインプラントのための歯科選びをすることが大切でしょう。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。