【インプラント】高リスクの治療部位/危険性

  • 当院のアクセス・医院情報
  • 088-653-2037

MENU

【インプラント】高リスクの治療部位/危険性 【インプラント】高リスクの治療部位/危険性

インプラントのリスクが高い治療部位とは?

インプラント治療は外科手術が必要となるため、リスクが伴う治療であると言えます。
治療のリスクを高める要因には、全身の状態、口の中・顎の骨の状態なども挙げられますが、治療部位によってもリスクは大きく違ってきます。

ここでは、治療部位によるリスクや治療難度、リスクを回避する歯科選びなどを詳しく紹介していきます。

治療部位別 インプラント治療のリスク

上顎の奥歯

上顎洞(サイナス)

上顎の奥歯を支える歯槽骨は、骨吸収が起こりやすい特徴があります。そのため、インプラントを埋め込むには、骨量が不十分であるケースも少なくありません。
上顎奥歯部分の歯槽骨内部には、鼻腔につながる「サイナス(上顎洞)」という空洞があるため、骨吸収が起こりやすいのです。

そのため、インプラント治療により、サイナスを覆う粘膜(上顎洞粘膜)を傷つけてしまうと、細菌感染を生じ、鼻の違和感や鼻づまり、蓄膿症などを引き起こしてしまいます。

下顎の奥歯

下顎第二大臼歯・下顎第三大臼歯など下顎の臼歯部は、下顎管に近く、インプラント治療において特に注意が必要な部位と言えるでしょう。
下顎管とは、神経や動脈が走行する管で、動脈を損傷すると大出血を招き、生命の危険を生じる可能性がありますし、神経を損傷すると、麻痺を生じてしまいます

近年、日本でもインプラント治療による死亡事故が発生しましたが、この事故も下顎臼歯部のインプラント治療により起きています。

下顎の前歯

下顎の前歯の部分には、オトガイ下動脈舌下動脈が走行しています。これらの動脈も、損傷すると大量出血が起こる可能性があり、生命の危険を及ぼす可能性があります。

上顎の前歯

上顎の前歯は、最も審美性が問われる部位であると言えるでしょう。歯だけでなく、歯肉のバランスも大切であり、歯肉が退縮していると、歯が長く見えてしまう可能性があります。
特に、前歯部は骨幅が少なく、骨吸収が起こりやすい部位でもあるため、歯肉の退縮も起こりやすいですし、骨吸収が進むとインプラントの露出を招く場合があります

リスク回避のための歯科選び

上記の通り、インプラント治療はどの部位もさまざまなリスクがあると言えます。しかし、そのリスクを回避して、安全に治療を受けることは可能なので、リスクや解剖学的知識を持ち、そのための検査・適切な手術を行える医師の元で治療を受けることが大切になります。

CTによる検査

歯科CT

現在では、インプラント治療においてCT検査は不可欠ともされています。しかし、CTが全ての歯科に設置されているわけではありません。他院で撮影を行う医院もありますが、設置している医院であっても、簡単な症例では撮影しない医院もあるため、注意が必要です。

CT撮影を行い、神経や血管の走行、骨の厚みや質をしっかり把握することで、適切で安全な治療が可能になると言えるでしょう。

フラップレス手術の選択

フラップレス手術は、歯肉を切開し剥離しないため、患者さんの負担は軽減されるのは事実です。しかし、どの治療部位でも適しているとは言えません。

動脈や神経に近い部位では、フラップレス手術よりも、一般的な術式の方が安全性は高いと言えます。適切な治療法を選択できる、多くの経験を持ち合わせた医師を選択することが大切でしょう。
自分と似た症例を、何症例か見せてもらうことをお勧めします。

骨造成手術の技術

近年、インプラント手術は多くの歯科医院で行われるようになってきましたが、骨造成手術や歯肉移植などの難度の高い治療は、限られた医院でしか行われていません
骨造成手術や歯肉の移植手術の行えない医院では、インプラント治療を断られる場合もあるでしょう。

安全な治療を行うため、インプラント技術だけでなく、医師の骨造成手術の経験・技術も考慮して医院を選ぶことが大切でしょう。

全身管理の徹底

安全にインプラント手術を受けるためには、全身管理が必要になります。特に、全身疾患を持つ人は全身管理は不可欠と言えるでしょう。

近年は、麻酔科医による全身管理生体管理モニター設置により、手術中の全身管理を徹底する医院も増えています。

他の治療方法の提案

インプラントだけでなく、他の治療方法も提案してくれる医院が良いでしょう。インプラントにした場合のリスクやメリット、ブリッジや入れ歯にした場合のデメリットや危険性などを詳しく説明してくれる医師が良いでしょう。
インプラントは優れた治療法ではありますが、全ての症例で適しているとは言えないのです。

【徳島インプラント案内】電話:088-653-2037 治療のご相談・ご予約はこちらまで お気軽にご相談ください
診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
15:00~17:30

休診日 日曜日・祝祭日

住所 徳島県徳島市東山手町1-21-1

TEL 088-653-2037

メニュー

ピックアップメニュー

インプラント失敗リスクチェック メール相談受付中

お知らせ

当院院長 庄野太一郎が監著を務めた「オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ Vol.2」が、10月10日にクインテッセンス出版から出版されました。本書では当院の過去の症例をもとに、「ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア」を中心としたトレーニング法とまとめております。
「奥歯のインプラント失敗例」ページを追加いたしました。
徳島インプラント案内をリニューアルしました。
インプラント失敗リスクチェック
を追加しました。
費用・本数を抑えたインプラントロケーター
を追加しました。
サイトマップ
を追加しました。
オールオンフォーインプラントの失敗
を追加しました。